泉州ふるさと納税 特典情報

泉州ふるさと納税

税金を納めて感謝されたこと、ありますか?

地元を離れても心はいつもふるさとに…そんなふるさとのために貢献・応援したい気持ちを後押しする制度がこの『ふるさと納税』です。居住地以外の市町村に寄附することで、金額により住民税や所得税が一定額まで控除されてなおかつ市町村によってはお礼に特産品などがもらえるという『お得な制度』です。泉州地域でもこの特典が盛りだくさん!税金の使い道も指定できるふるさと納税で、あなたの貴重なお金を泉州地域の活性化に役立てませんか?

税金控除についてはこちら → ふるさと納税とは?控除額は?

泉州地域の市町村でもらえる特典

詳細は各市町村の該当ページにてご確認ください。
※画像をクリックしても各市町の該当ページに飛びます。

堺市

堺刃物や線香、昆布、敷物、和菓子、手ぬぐいに路面電車の関連グッズと、選べる特典が盛りだくさん。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。3万円以上の寄付者でご希望の方には堺トラムの車内に氏名掲載もお選びいただけます。詳しくはこちら→ふるさと納税で堺トラムに氏名掲載(泉州ニュース)

和泉市

和泉市の特産品の人工真珠のネックレスやイヤリング、念珠のほか、美術館の記念グッズに、農産物もあります。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

泉大津市

泉大津のマスコットキャラクター「おづみん」のキャラクターグッズをはじめ、羊毛のまちらしくウールの靴下やひざ掛けやうどんセットも。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。5万円以上の寄付をされた方には豪華アートブランケットやカシミヤの大判マフラー、阪九フェリーの乗船券も!

岸和田市

岸和田らしくだんじりグッズはもちろん、だんじりラベルのお酒や昆布・みそ、和菓子のセットなども。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

貝塚市

そぶらの里の利用券や水なす、温州みかん、水戸黄門にも登場したつげ櫛にコスモスグッズなど。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

熊取町

熊取町PR品「はまのゆかタオルセット」をお贈りいたします。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

泉佐野市

泉佐野市のイメージキャラクター「イヌナキン」のTシャツにタオル、泉州こだわりタオル、泉州たまねぎ・ドレッシング・スープ、泉州キャベツ、キッシュにお菓子、もんくたれ、ホテルの食事券、水なす、水なす漬、松屋のかに飯、ご当地バーガー、化粧品に、なんと犬鳴山での1日修験体験まで盛りだくさん!3万円以上寄附された方には、日本酒やBBQ、平日クルージングも!1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

田尻町

報償の品は、田尻町の特産物等を予定しておりますが、現在検討中です。決定次第、お知らせいたしますので、しばらくの間お待ちください。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

泉南市

泉州水なすセット(浅漬けか生茄子)、新鮮野菜セット、イチゴセット、お米、シイタケ詰め合わせ、せんなんわくわく広場セット、泉州村雨セットなど。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

岬町

西田農園の干しシイタケ、青木松風庵の月化粧、いかなごの釘煮、お菓子の詰め合わせなど。1万円以上の寄附をいただいた市外在住の個人の方が対象。

ふるさと納税とは?控除額は?

 ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、自分の故郷や応援したい自治体など居住地以外の都道府県・市町村へ寄附をすることで、一定の限度まで税の控除を受けることができる日本国の制度。納税という言葉を使っていますが、寄附になります。

 地方公共団体に対する寄附を行った場合にその支出した寄附金のうち、2千円を超える額について個人住民税及び所得税の寄附金控除の適用が受けられます。あくまで、最低2千円は自己負担額になりますが、それ以外は税金控除があるので、お礼の品物をいただくとその分お得になるということです。ただし、収入や家族構成、寄付金の額に応じて控除額が変動します。

※所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、領収証書を添えて最寄りの税務署で所得税の確定申告をしていただく必要があります。

総務省のふるさと納税のページへ → こちら

選べる税金の使い道

泉州九市四町では、寄付金の使い道を選ぶことができます。各市町村によって選べる内容が異なります。

各市町によって寄付金の使い道を指定できる場合があります。各市町が寄付金の使途の選択肢をそれぞれ掲載していますので、左の各市町のサイトよりお選びください。(※各市町のサイトに飛びます。)

泉州ネットニュース

....一覧 

泉州エンタ/イベント新着情報

....一覧 

↑TOPへ戻る