泉州ドットコム 泉州ドットコム お問い合わせ
神社   寺院   遺跡   人物   食文化   泉州
泉州ドットコム 泉州文化
行基 千利休 小西行長 与謝野晶子 阪田三吉 織田作之助

 

千利休

千利休(せんのりきゅう、せんりきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日(1591年4月21日))は中世末期、安土桃山時代の茶人。何も削るものがないところまで無駄を省いて、緊張感を作り出すという侘び茶(草庵の茶)の完成者として知られる。
「千」は氏であり、利休の名字は田中である、名は与四郎で、のち、法名を宗易(そうえき)、抛筌斎と号した。
広く知られた利休の名は堺の南宗寺の大林宗套から与えられた居士号である。茶聖とも称せられる。父は田中与兵衛、母は宝心妙樹。


○ 生涯

和泉の国堺の商家の生まれ。若年より茶の湯に親しみ、17歳で北向道陳、ついで武野紹鴎に師事し、京都郊外紫野の大徳寺に参禅。織田信長が堺を直轄地としたときに茶頭として雇われ、のち豊臣秀吉に仕えた。1585年の北野茶会を主催し、一時は秀吉の重い信任を受けた。

この時期、秀吉の正親町天皇への宮中献茶に奉仕し、居士号を許される。また北野大茶会の設営、黄金の茶室の設計などを行う一方、楽茶碗の製作・竹の花入の使用をはじめるなど、侘び茶の完成へと向かっていく。いわば茶人としての名声の絶頂にあった利休は、突然秀吉の勘気に触れ、堺に蟄居を命じられる。

利休十哲のうち古田織部、細川忠興ら大名である弟子たちが奔走したが、助命は適わず、切腹を命じられる。七十歳であった。死後、利休の首は一条戻橋で晒し首にさせられた。利休が死ぬ前日に作られたとされる辞世の句が残っている。

人生七十 力囲希咄 吾這宝剣 祖仏共殺 堤る我得具足の一太刀 今此時ぞ天に抛

死罪の理由は定かではない。

表立っては大徳寺改修に当たって増上慢があったためとされるが、秀吉の女性関係のため、あるいは豊臣秀長死後の豊臣政権内の不安定さから来る利休に親しい大名と石田三成らの政治闘争に巻き込まれたためなど、さまざまな説が立てられている。

結婚は二回。先妻の子と後妻・宗安の連れ子がそれぞれ堺千家・京千家を起こしたが、利休死罪とともに蟄居し、千家は一時衰亡した。のち堺千家は再興せず、京千家のみが現在に伝わる。

薮内流家元藪内家と千家ともこの時期姻戚関係が生じる。なお宗安は袱紗を現在の形に定めるなど、自身茶の湯に精通し、利休のよい補佐役、理解者であったといわれる。

三千家は利休の養子となった宗安の息子と利休の娘の間の子、利休の孫千宗旦が還俗して家を再興し、その次男の宗守が武者小路千家、三男の宗左が表千家、四男の宗室が裏千家のそれぞれ祖となる。これが三千家である。

裏千家の名前の起こりは宗室が父が家の裏庭に建てた隠居所を継いで始めたためで、表千家はそれに対する呼称である。また、武者小路千家は京都の武者小路に宗守が茶室を建てて始めた為その名がある。

利休忌は陽暦(現在の日本の暦)の3月27日および3月28日に大徳寺で行われる。


○  作品

利休はさまざまな新しい試みを茶道に持ち込んだ。楽(らく)をはじめとする千家十職を指導して好みの道具を作らせるとともに、みずからも茶室の設計、花入・茶杓の製作など道具の製作に熱心であった。「七時の茶事」といわれる七種類の茶会形式の整備とともに、これらの製作およびプロデュースが利休を侘び茶の形式の完成者と言わしめる由縁のひとつである。

茶室『待庵』:京都府大山崎町所在。国宝。

茶室『今日庵』:京都府京都市所在。

茶室『黄金の茶室』:豊臣秀吉の命により製作するも現存せず。MOA美術館で復元・展示。

書状「消息」

書状「寄進状」

書「孤舟載月」

花入「竹蒔絵浪に亀図二重切花入」

 
泉州モール - 泉州文化 - 泉州エンタ - 泉州だんじり - 泉州パブリック
泉州ジョブ - 泉州リンク - パソコンサポート
泉州ドットコム - 泉州ドットコムとは - 広告掲載 - 会社概要 - お問い合わせ - サイトマップ
Copyright (c) 2004 Sen-shu.com All Rights Reserved.