泉州ドットコム 泉州ドットコム お問い合わせ
神社   寺院   遺跡   人物   食文化   泉州
泉州ドットコム 泉州文化
仁徳天皇陵 池上曽根遺跡 岸和田城
仁徳天皇陵
仁徳天皇陵(大仙古墳)
アクセス: JR阪和線、南海高野線 三国ヶ丘駅より徒歩5分

大仙町にある日本最大の前方後円墳です。

北側の反正陵古墳(田出井山古墳)南側の履中陵古墳(石津ヶ丘古墳)とともに百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、現在はその中陵・仁徳天皇陵として宮内庁が管理しています。

前方部を南に向けた墳丘は、全長約486m、後円部径約249m、高さ約35m、前方部幅約305m、高さ約33mの規模で、3段に築成されています。

左右のくびれ部に造出しがあり、三重の濠がめぐっていますが、現在の外濠は明治時代に掘り直されたものです。

葺石と埴輪があり、埴輪には人物(女子頭部)や水鳥、馬、犬、家などが出土しています。

昭和30年代と最近の調査で、造出しから須恵器の甕が出土しました。古墳が造られた年代を知る資料として、話題になっています。

明治5年(1872)には前方部で竪穴式石室に収めた長持形石棺が露出し、刀剣・甲冑・ガラス製の壺と皿が出土しました。

この時の出土品は再び埋め戻されたと言われていますが、詳細な絵図の記録があり、甲冑は金銅製の立派なものだったようです。

アメリカのボストン美術館には本古墳出土と伝えられる細線文獣帯鏡や単鳳環頭太刀などが所蔵されています。

日本最大の前方後円墳にふさわしく、周囲に陪塚と考えられる古墳が10基以上あります。

仁徳天皇陵とされていますが、日本書紀などに伝えられる仁徳・履中の在位順とは逆に、履中陵古墳(石津ヶ丘古墳)よりも、あとで築造されたことが、わかっています。

第16代 仁徳天皇(在位期間 313年1月3日〜399年1月16日)
系譜
 応神天皇   ┌履中天皇
  ‖─仁徳天皇│ ‖───磐坂市辺押磐皇子
 仲姫命 ‖──┤黒媛    ‖─┬─仁賢天皇
    磐之媛命├反正天皇 ★媛 └─顕宗天皇 
        └允恭天皇  ┌─安康天皇
          ‖────┤
         忍坂大中姫命└─雄略天皇

 応神天皇の第四皇子。異母弟莵道稚郎子が皇太子となった際にその補佐を命ぜられ、皇太子と皇位の譲り合いを繰り返したが、異母兄大山守皇子の反乱で皇太子が自害し、即位した。 かまどの煙を見て民衆の生活を気遣うなど、仁政を行ったと伝えられている。 

御名:異称大鷦鷯尊おおさざき 
略年譜
誕生:神功57年(257)
即位:仁徳元年(313)1月3日
崩御:仁徳87年(399)1月16日(143歳!) 
配偶者
皇后:磐之媛命いわのひめ
皇后:八田皇女
妃:髪長媛
妃:莵道稚郎姫皇女
御 父:応神天皇 
御 母:皇后・仲姫命なかつひめ 
皇子女:大兄去来穂別尊(履中天皇)、住吉仲皇子、多遅比端歯別尊(反正天皇)、雄朝津間稚子宿禰尊(允恭天皇)、大草香皇子、草香幡梭姫皇女 
皇 居:難波高津宮なにわのたかつのみや……大阪府大阪市東区 
陵 墓:百舌烏耳原中陵もずのみはらのなかのみささぎ……大阪府堺市大仙町 



反正陵古墳(田出井山古墳)

北三国ヶ丘町にある前方部を南に向けた前方後円墳です。
百舌鳥古墳群の中では北端にあり、現在は百舌鳥耳原三陵の北陵・反正天皇陵として宮内庁が管理しています。
墳丘の規模は全長約148m、後円部径約76m、高さ約14m、前方部幅約110m、高さ約15mで百舌鳥古墳群では7番目の大きさです。墳丘は3段に築かれ、そのかたちや出土した埴輪から、5世紀後半頃に造られたと考えられています。
現在、一重の盾型周濠がめぐっていますが、前方部外周で行われた発掘調査で、かつて二重濠があったことが確認されています。
陪塚と推定される古墳の存在や二重濠など、大型前方後円墳として不足のないすがたの古墳ですが、仁徳陵古墳(大仙古墳)や履中陵古墳(石津ヶ丘古墳)あるいはニサンザイ古墳に比べ、その規模がかなり小さいことから反正天皇陵とすることに疑問とする意見も少なくありません。


履中陵古墳(石津ヶ丘古墳・ミサンザイ古墳・百舌鳥陵山古墳)

石津ヶ丘にある前方部を南に向けた前方後円墳です。
現在は百舌鳥耳原三陵の南陵・履中天皇陵として宮内庁が管理しています。
墳丘の全長約360m、後円部径205m、高さ約25m、前方部幅約237m、高さ約23mの規模で、日本で3番目の大きさの巨大前方後円墳です。
墳丘は3段築成で、西側のくびれ部には造出しがあります。
主体部の構造や副葬品などはわかっていませんが、葺石と埴輪があり、一重の盾形周濠と堤がめぐっていますが、平成6年(1944)に、外側に幅10m程の2重目の周濠が見つかっています。
陪塚は、10基以上あったことがわかっていますが、現在は、七観山古墳の出土資料などから、仁徳陵古墳(大仙古墳)よりも古くに造られたことがわかっています。
江戸時代の記録では、後円部中央に大きなくぼみがあったといわれていることから、すでに盗掘を受けている可能性があります。


 
泉州モール - 泉州文化 - 泉州エンタ - 泉州だんじり - 泉州パブリック
泉州ジョブ - 泉州リンク - パソコンサポート
泉州ドットコム - 泉州ドットコムとは - 広告掲載 - 会社概要 - お問い合わせ - サイトマップ
Copyright (c) 2004 Sen-shu.com All Rights Reserved.